穂発芽耐性の遺伝生化学的解析と耐性の集積(15)

穂発芽耐性の遺伝生化学的解析と耐性の集積(15)

課題番号1994000014
研究機関名農業研究センター(農研センタ)
研究期間完S62〜H05
年度1994
研究問題消費ニーズに対応した高品質作物の開発と生産・利用体系の確立
大課題作物遺伝資源の利用と新育種法の開発
中課題作物の新育種法の開発と育種素材化
小課題穂発芽耐性の遺伝生化学的解析と耐性の集積(15)
摘要穂発芽による低アミロ化が小麦の品質低下の主要因となっており、穂発芽耐性の品種育成のためには、穂発芽を発芽生理学的な側面からとらえるとともに、穂発芽抵抗性の遺伝様式を解明する必要がある。5年度は、穂発芽性が難と易の品種間で交配を行った数組合せのF1から半数体育種法により固定化した系統について、穂発芽性の温度反応を調べた。綿陽11号(穂発芽性易)とニシカゼコムギ(穂発芽性難)の交配に由来する半数体倍加系統114系統について23℃で穂発芽処理を行った結果、発芽率の分布に3つの山が見られ、穂発芽性には比較的少数の遺伝子が関与することが明かとなった。
研究分担作物開発・小麦育種研(麦育種班)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030042930
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat