バイオテクノロジーを用いた新育種素材の作出−マメ類の子実害虫抵抗性の物質的基礎の解明−(23)

バイオテクノロジーを用いた新育種素材の作出−マメ類の子実害虫抵抗性の物質的基礎の解明−(23)

課題番号1994000020
研究機関名農業研究センター(農研センタ)
研究期間延H02〜H08
年度1994
研究問題消費ニーズに対応した高品質作物の開発と生産・利用体系の確立
大課題作物遺伝資源の利用と新育種法の開発
中課題作物の新育種法の開発と育種素材化
小課題バイオテクノロジーを用いた新育種素材の作出−マメ類の子実害虫抵抗性の物質的基礎の解明−(23)
摘要ブラジルマメゾウムシ抵抗性のインゲンマメ野生系統G12953に含まれるα−アミラーゼインヒビター(αAI−2)の構造を解析するために、本遺伝子のcDNAのクローニングを行った。タンパク質翻訳領域の全長を含むと推定されるクローンの塩基配列を決定したところ、翻訳領域は720bpからなっており、240残基のアミノ酸の配列をコードしていた。この領域の塩基配列から推定されるアミノ酸配列は、αAI−2のN末端及び内部のアミノ酸配列と一致した。すでに遺伝子構造が解析されているαAI−1と翻訳領域の配列を比較すると、DNAレベルで89%、アミノ酸レベルで75%の高い相同性が認められた。本遺伝子及びこれまでに得られているαA■−1遺伝子をアズキ等に導入することにより、マメゾウムシ類抵抗性を付与できるものと考えられる。次年度より導入を進める。
研究分担作物開発・豆類育種研(畑作育種班)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030042936
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat