高品質小麦育成のためのトウモロコシ法の実用化(27)

高品質小麦育成のためのトウモロコシ法の実用化(27)

課題番号1994000023
研究機関名農業研究センター(農研センタ)
研究期間継H03〜H08
年度1994
研究問題消費ニーズに対応した高品質作物の開発と生産・利用体系の確立
大課題作物遺伝資源の利用と新育種法の開発
中課題作物の新育種法の開発と育種素材化
小課題高品質小麦育成のためのトウモロコシ法の実用化(27)
摘要小麦育種研究室で養成した雑種に対しトウモロコシ法を適用し、採種を終えた1227の半数体倍加系統を小麦育種研に引き渡し、系統選抜に供試した。一方、温湯除雄処理にともなう半数体成育率の低下を防ぐために、温湯処理時間を短縮(43℃、3分)した場合の効果と半数体成育率の向上に有効であることが判明しているGA噴霧処理の効果を調べたが、いずれの処理も効果は認められなかった。また胚形成率の改善を目的として、交配前後のコムギ雌蕊に対して各種金属イオン、植物ホルモン、有機溶媒などの噴霧処理を行ったが、有効な処理を見いだすことは出来なかった。
研究分担作物開発・麦育種法研(麦育種班)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030042939
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat