アミロース/アミロペクチン比変異の遺伝子源の探索(39)

アミロース/アミロペクチン比変異の遺伝子源の探索(39)

課題番号1994000039
研究機関名農業研究センター(農研センタ)
研究期間完H03〜H05
年度1994
研究問題消費ニーズに対応した高品質作物の開発と生産・利用体系の確立
大課題作物の安定的高品質・多収品種の育成
中課題麦類の高品質・多収品種の育成
小課題アミロース/アミロペクチン比変異の遺伝子源の探索(39)
摘要関東107号から得られた極低アミロース突然変異系統「谷系A6099」は原系統と出穂・成熟期はほぼ同じで稈長および穂長がやや短かく、千粒重がやや小さかった。この系統のデンプンを抽出し、その粘度特性を調べたところ、関東107号に比べて最高粘度はほぼ同じであるが、ブレークダウンがより大きく、セットバックおよび最終粘度が小さかった。遺伝分析の結果から、この突然変異系統は1遺伝子の変化により生じたこと、また、アミロース含量の異なる品種間の正逆交雑の結果から、小麦種子のアミロース含量には遺伝子の数量効果があることが明らかとなった。
研究分担作物開発・小麦育種研(麦育種班)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030042955
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat