甘しょの各種品質迅速検定法の開発(56)

甘しょの各種品質迅速検定法の開発(56)

課題番号1994000055
研究機関名農業研究センター(農研センタ)
研究期間継H04〜H06
年度1994
研究問題消費ニーズに対応した高品質作物の開発と生産・利用体系の確立
大課題高品質農産物の生産・利用技術の開発
中課題農産物の品質特性の検定・評価法の開発
小課題甘しょの各種品質迅速検定法の開発(56)
摘要かんしょの甘味生成の関与するベーターアミラーゼを迅速に測定する方法を検討した。合成試薬であるパラニトロフェニルマルトペンタオースを基質とした測定結果は、従来の可溶性澱粉を基質とした生成還元糖測定法の結果とよく一致した。本方法により、加熱・定容等の煩雑な操作がなくなると共に、測定時間が3分の1程度に短縮された。また、かんしょの黒変化の要因であるポリフェノールを迅速に測定するため、抽出・濾過・濃縮過程を液の移し変えがなく行える一体化器具を試作した。繰り返し測定の変動が若干高くなったが、測定の簡易化が図られた。
研究分担生理品質・資源品質研(品質評価班)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030042971
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat