マメ科作物における共生的窒素固定能の発現機構の解明(78)

マメ科作物における共生的窒素固定能の発現機構の解明(78)

課題番号1994000082
研究機関名農業研究センター(農研センタ)
研究期間完H03〜H05
年度1994
研究問題生態系に調和した作物生産管理技術体系の確立
大課題作物の物質生産機能の解明と安定生産制御技術の確立
中課題作物の物質生産機能の生理生態的解明
小課題マメ科作物における共生的窒素固定能の発現機構の解明(78)
摘要大豆は一般に窒素肥料を施用すると根粒着生数、窒素固定能が低下するが、エンレイから作られた突然変異体「En6500」は、高濃度の施肥窒素の存在下でも多量の根粒を着生する。このEn6500の特徴をさらに詳しく解析した。その結果、次の点が明らかになった。1)En6500は根粒構造の形成には施肥窒素の影響を受けにくいが、共生的窒素固定能の発現には強い影響を受ける。2)En6500は根粒着生の有無に関わらず、生長量と施肥窒素吸収量がエンレイより抑制される特性を遺伝的に持っている。3)根粒が着生した場合には、炭水化物の消費や根の吸収部位減少のために、En6500における生長量と施肥窒素吸収量の抑制がさらに顕著になる。
研究分担生理品質・豆栽生理研(栽培生理班)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030042998
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat