温暖地東部向き育成系統の超多収性の検定と栽培特性の解明(79)

温暖地東部向き育成系統の超多収性の検定と栽培特性の解明(79)

課題番号1994000083
研究機関名農業研究センター(農研センタ)
研究期間継H04〜H07
年度1994
研究問題生態系に調和した作物生産管理技術体系の確立
大課題作物の物質生産機能の解明と安定生産制御技術の確立
中課題作物の物質生産機能の生理生態的解明
小課題温暖地東部向き育成系統の超多収性の検定と栽培特性の解明(79)
摘要4月27日(早植)と6月4日(遅植)の作期に品種と少肥・多肥条件を組み合わせて24の試験区を設けた。半矮性インド型品種では、7月上旬から8月上旬の低温により早植区に障害不稔が多発したため、タカナリの遅植多肥区が最多収であったが、粗玄米重は697g/■にとどまった。日本型品種では、奥羽316号早植多肥区の694g/■が最多収であった。タカナリの突然変異系統である関東糯164号は、穂数・籾数ともタカナリと同程度であったが、玄米の粒厚分布がより薄い方に偏り、粒厚別の千粒重も小さいため、精玄米重が小さくなると考えられた。コシヒカリのdull変異系統である関東168号の生育・収量は4年度同様にコシヒカリとほぼ同じであった。
研究分担生理品質・稲栽生理研(栽培生理班)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030042999
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat