土壌型による金属含量の変動に基づく製粉性変動の解明(88)

土壌型による金属含量の変動に基づく製粉性変動の解明(88)

課題番号1994000094
研究機関名農業研究センター(農研センタ)
研究期間完H03〜H05
年度1994
研究問題生態系に調和した作物生産管理技術体系の確立
大課題作物の物質生産機能の解明と安定生産制御技術の確立
中課題作物の安定生産制御技術の開発
小課題土壌型による金属含量の変動に基づく製粉性変動の解明(88)
摘要国産小麦の製粉性の向上が求められている。製粉性は栽培条件により変化するといわれているため、異なる土壌で栽培して得た小麦の製粉性と金属含量の関係を調べた。関東東海地域の代表的な土壌である黒ボク土、赤色土、灰色低地土で栽培した農林61号とアサカゼコムギの子実を製粉して調べた結果、製粉性と密接な関係にある小麦粉の粒径は栽培土壌の間で異なり、粉のカリウム含量が少なく、マグネシウム含量が多いほど粒径が大きくなることがわかった。また、マイクロエックス線アナライザーで含量を調べた結果、カリウムは胚乳内のデンプン部に多く、栽培土壌の種類により含量が異なっていた。このため、小麦の粒径の変化にはデンプン部のカリウムが重要な役割を担っていると推測できた。
研究分担生理品質・麦栽生理研(栽培生理班)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030043010
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat