小麦の養分吸収特性からみた黒ボク土の有機物管理技術(103)

小麦の養分吸収特性からみた黒ボク土の有機物管理技術(103)

課題番号1994000113
研究機関名農業研究センター(農研センタ)
研究期間継H03〜H07
年度1994
研究問題生態系に調和した作物生産管理技術体系の確立
大課題耕地土壌環境の診断技術と管理技術の確立
中課題土壌環境の管理技術の開発
小課題小麦の養分吸収特性からみた黒ボク土の有機物管理技術(103)
摘要黒ボク土では、他の畑土壌に比べ、低温時の土壌窒素およびリン酸の供給力が低く、このことが、小麦の生育収量、品質に対する不安定化の一因となっている。本課題では、土壌有機物管理を通して、早春の低温時の土壌養分供給力の増強を図り、小麦の低コスト、持続的安定生産の実現に資する。5年度は堆肥連用、残効試験圃場の土壌について、低温域での培養実験と硝化能の測定を行った。培養30日以降は対照区に比べ堆肥8t連用区が高い無機態窒素含量を示した。NH4−N含量は対照区、連用8t区とも5mgN/100g乾土以下で差はなかったが、NO3−N含量は連用8t区が対照区に比べ大きく増加した。1次反応モデルによるあてはめの結果、活性化エネルギーは対照区と連用8t区の間では大きな差はなかった。硝化能はいずれの測定温度でも連用8t区が対照区の2倍以上の値を示した。
研究分担土壌肥料・畑土肥研(土壌肥料班)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030043029
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat