いもち病菌の寄生性分化と対応技術(117)

いもち病菌の寄生性分化と対応技術(117)

課題番号1994000131
研究機関名農業研究センター(農研センタ)
他機関宇都宮大農【縄野正衛】
研究期間継S00〜S00
年度1994
研究問題生態系に調和した作物生産管理技術体系の確立
大課題作物病害虫の発生機構の解明と制御技術の確立
中課題作物病害虫の生理生態的特性の解明
小課題いもち病菌の寄生性分化と対応技術(117)
摘要イネいもち病菌の系統進化の過程を明らかにするため、イネ、雑穀、雑草等14宿主植物のいもち病菌間の類縁関係を、分子マーカー(DNAプローブ)を用い解析した。その結果、イネ菌はヒエ・アワ・ヌカキビ・キビ菌に、南米のコムギいもち病菌はウイーピングラブグラス菌に近縁であった。また宿主が異なるいもち病菌を識別できる分子マーカーが得られた。さらに、菌糸融合によるいもち病菌の新レース生成機構解明研究の効率化を図るため、菌糸融合の生成を肉眼で検出できるnit変異株(硝酸塩利用能欠損変異株)を作出した。
研究分担病害虫防除・水田病害研(水田病害班)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030043047
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat