作物マイコプラズマ病発生における地域特性の解明(126)

作物マイコプラズマ病発生における地域特性の解明(126)

課題番号1994000139
研究機関名農業研究センター(農研センタ)
研究期間継H02〜H07
年度1994
研究問題生態系に調和した作物生産管理技術体系の確立
大課題作物病害虫の発生機構の解明と制御技術の確立
中課題作物病害虫の生理生態的特性の解明
小課題作物マイコプラズマ病発生における地域特性の解明(126)
摘要キマダラヒロヨコバイが媒介するマイコプラズマ様微生物(MLO)の異同を明らかにするため、各地から採集した8分離株の宿主範囲について検討した。14科28種の植物に接種したところ、トマト、ペチュニア、アズキ、シロクローバ、ニンジン、セルリー、ニホンカボチャ、キュウリ、ダイコン、ハクサイ、アスター、シュンギク、ゲンノショウコなど多くの植物が発病し、供試した8分離株間に宿主範囲の違いは認められなかった。発病した植物の病徴は萎縮、黄化、てんぐ巣症状などMLO病に特有のものであり、分離株間にも病徴の違いは認められなかった。
研究分担病害虫防除・マイコ防研(マイコ病班)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030043055
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat