水田生態系における卵寄生蜂の機能評価に関する研究(136)

水田生態系における卵寄生蜂の機能評価に関する研究(136)

課題番号1994000154
研究機関名農業研究センター(農研センタ)
研究期間継H02〜H06
年度1994
研究問題生態系に調和した作物生産管理技術体系の確立
大課題作物病害虫の発生機構の解明と制御技術の確立
中課題作物病害虫の制御技術の開発
小課題水田生態系における卵寄生蜂の機能評価に関する研究(136)
摘要トウモロコシ害虫のアワノメイガの卵寄生蜂である土着のアワノメイガタマゴバチとキイロタマゴバチを放虫して防除効果を比較し、生物的防除用卵寄生蜂を選定した。放虫区ではアワノメイガ第2世代の卵期(7月15日〜8月21日)に各々の寄生蜂を6回(各回10〜39雌/平方m)放虫し、殺虫剤区では雄穂抽出期にPAP、雌穂抽出期にエトフェンプロックスを各1回散布した。無処理区は試験区内と2km離れた圃場に設置した。9月2日に子実被害と被寄生卵塊率を調査した。その結果、子実被害は無処理区の1/3に減少し、被寄生卵塊率は80〜87%に上昇した。また、放虫区の回収卵寄生蜂の90%以上はアワノメイガタマゴバチであった。これらのことからアワノメイガタマゴバチが防除素材として有効であると判断した。
研究分担病害虫防除・水田虫害研(虫害班)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030043070
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat