ダイズ黒根腐病の生態的制御技術の開発(139)

ダイズ黒根腐病の生態的制御技術の開発(139)

課題番号1994000157
研究機関名農業研究センター(農研センタ)
研究期間完H02〜H05
年度1994
研究問題生態系に調和した作物生産管理技術体系の確立
大課題作物病害虫の発生機構の解明と制御技術の確立
中課題作物病害虫の制御技術の開発
小課題ダイズ黒根腐病の生態的制御技術の開発(139)
摘要ダイズ黒根腐病は、北海道を除く全国各地に広がり、ダイズの安定生産上の重大阻害要因となっている。本研究は、汎用水田における本病の効果的、省農薬的防除技術の開発を目的として行われた。本病原菌は畑土壌中で7年以上生存でき、これが防除困難な理由の一つであることが判った。防除法として、熱水土壌消毒または田畑輪換が実用的なことを明らかにした。熱水土壌消毒では土壌が乾燥状態で実施するのが望ましいこと、田畑輪換では水稲を2作以上作付けると効果が高まることが判った。一方、土壌pHの上昇や石灰窒素施用の防除効果は低かった。本研究は、総合的開発研究「高品質輪作」の中で実施され、前期終了と同時に完了する。
研究分担病害虫防除・畑病害研(畑病害班)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030043073
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat