主要除草剤の土壌中への放出・存在形態と除草効果(166)

主要除草剤の土壌中への放出・存在形態と除草効果(166)

課題番号1994000188
研究機関名農業研究センター(農研センタ)
他機関筑波大
研究期間延H02〜H06
年度1994
研究問題生態系に調和した作物生産管理技術体系の確立
大課題耕地生態系における雑草の制御法の確立
中課題雑草の制御技術の開発
小課題主要除草剤の土壌中への放出・存在形態と除草効果(166)
摘要土壌処理除草剤チオベンカルブの消失速度の変動を、アブラナ科作物の後作圃場に施用した本剤の土壌水中濃度の経時変化で調べた。前作物コマツナ、カラシナおよびダイコン作付跡圃場の土壌水分率と有効水分率の差異は認められなかった。処理当日の土壌水分中濃度は各作物間で一定ではなかったが、施用後10日あるいは30日後の濃度および当初濃度との比率には作物間に差異が認められた。すなわちコマツナ作付跡に比べカラシナおよびダイコン作付跡で2〜3倍高い濃度が持続した。またダイコンでは50日後でもその傾向が認められた。以上の結果は本剤の土壌水中濃度の消失速度が前作物の種類によって異なることを示し、本剤の殺草性が前作作物の種類によって変動する可能性を示唆している。研究室人員構成に関連して一年延長した。具体的には担当者の一人小林が筑波大に出向予定、補充人事、専門分野など未定、新規課題を提案しても平成7年3月杉山室長の定年退職が予定された。以上の理由により終了年次を一年延長した。
研究分担耕地利用・除草剤研(除草剤班)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030043104
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat