気象情報による低アミロ警報システムの開発(183)

気象情報による低アミロ警報システムの開発(183)

課題番号1994000205
研究機関名農業研究センター(農研センタ)
他機関京都大;国際セ
研究期間完H03〜H05
年度1994
研究問題土地利用型農業における生産性向上のための総合的技術体系の確立
大課題持続的高生産性耕地利用技術の確立
中課題作物の気象適応性の解明と気象的配置法の開発
小課題気象情報による低アミロ警報システムの開発(183)
摘要小麦の登熟過程で発生する低アミロと穂発芽の気象的発生限界条件を解明するとともに、変動気象条件下での発生危険度を推定する方法を確立し、総合技術対策の確立に資するため、気象推移から穂発芽を予測するプログラムソフトの開発を行った。小麦の穂発芽予測プログラムはプログラム本体と登熟期間の発育速度を前もって求めておくプログラムよりなっており、本体では出穂期以降から7月までの日最高気温平年値と前日までの日最高気温と降水量、さらに最高気温の今後の予想平年比を入力することによって、、前日までの発育指数と予測成熟期が出力される。また発育指数0.8以降の予測降水日数を入力することによって、穂発芽の危険があれば、危険性有りと表示される。
研究分担耕地利用・気象災害研(気象災害班)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030043121
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat