海外の畜産経営の実態解明(251)

海外の畜産経営の実態解明(251)

課題番号1994000288
研究機関名農業研究センター(農研センタ)
研究期間継H04〜H06
年度1994
研究問題活力ある地域農業展開のための効率的農業生産体系の確立
大課題高収益農業経営の管理運営方式及び発展方式の確立
中課題農業経営の発展方式の確立
小課題海外の畜産経営の実態解明(251)
摘要5年度はドイツを対象に飼料関係の検討を行った。人間の健康維持に必要な蛋白質、脂肪、灰分において畜産物は高い効果を示し、特に酪農生産物の灰分供給の高いことが注目される。酪農経営に用いる飼料の主たるものはトウモロコシであるが、ドイツにおけるトウモロコシ栽培面積は未だ十分とはいえない。乳製品とトウモロコシの成分分析に関しては、海外の分析によってもP、K、Caを多く含みほぼ一致しているという指摘もあり、今後はトウモロコシの割合を従来以上に増やす必要がある。
研究分担経営管理・畜産経営研(畜産経営班)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030043204
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat