農林業起源の大気汚染物質の拡散過程の解明(262)

農林業起源の大気汚染物質の拡散過程の解明(262)

課題番号1994000300
研究機関名農業研究センター(農研センタ)
他機関技会
研究期間継H05〜H07
年度1994
研究問題活力ある地域農業展開のための効率的農業生産体系の確立
大課題地域農業資源の評価と地域農業生産体系の開発
中課題地域農業資源の活用による総合的農業生産体系の開発
小課題農林業起源の大気汚染物質の拡散過程の解明(262)
摘要5年度は、特に傾斜地における悪臭の動きに着目し、悪臭の分布や経時変化を調査・解析した。対象地域は群馬県赤城山の西麓に位置する畜産団地とその周辺、畜種は豚である。堆肥化施設から距離10m離れるごとに、悪臭は約3分の1の濃度となった。畜産団地の斜面下方に広がる畑地において、悪臭、気温、相対湿度、風向、風速の徹夜連続観測を行った。午後10時半から吹き出した斜面下降風(山風)とともに、悪臭の濃度が急激に増加し、下降風が吹いている間、継続的に悪臭の濃度は高かった。そこで、畜産施設が集落の斜面上部に位置するような立地関係の地域では、斜面下降風によって夜間に悪臭の問題が生じやすいと考えられる。
研究分担プロチーム・プロ6
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030043216
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat