紫外線防止機能を有する植物成分の解明と利用

紫外線防止機能を有する植物成分の解明と利用

課題番号1994003799
研究機関名食品総合研究所(食総研)
研究期間単H05〜H05
年度1994
研究問題品質成分の解明及び評価
大課題食品の健全性に係わる成分の評価及び開発
中課題食品の生理機能成分の探索及び開発
小課題紫外線防止機能を有する植物成分の解明と利用
摘要動物培養細胞は紫外線照射により死滅するが、培地への紫外線防護物質の添加はこの死滅を防止することができる。これまでにたまねぎの黄色色素であるケルセチン配糖体にその防護効果が確認されていたが、本課題では糖の結合位置の異なるケルセチンを合成しその作用を検討した。その結果、ケルセチンの3位や7位に糖が結合したモノグルコシドに比べて4’位に糖が結合したモノグルコシドでは作用が弱まることが確認できた。さらに、だいこんの葉からケンフェロール配糖体を抽出分離し、ケンフェロールー3−ラムノグルコシドやケンフェロールー3−ラムノガラクトシドも、それぞれ300μM以上の濃度で示すことを明かにした。
研究分担食品機能・機能成分研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030043245
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat