食品中の微量クロムの定量法の開発(34)

食品中の微量クロムの定量法の開発(34)

課題番号1994003815
研究機関名食品総合研究所(食総研)
研究期間継H05〜H07
年度1994
研究問題品質成分の解明及び評価
大課題食品の分析及び品質評価法の改良、開発
中課題食品の分析法の開発及び品質評価基準の策定
小課題食品中の微量クロムの定量法の開発(34)
摘要食品中に微量存在するクロムの定量法を確立するため、キレート溶媒抽出による濃縮法(キレート剤としてAPDCとDDTC、抽出溶媒としてMIBKとDIBK)を検討した。その結果、クロムは、他の元素と比較して、いずれのキレート剤でも抽出最適pH領域が狭いことが分かった。今後は、新しいキレート剤(Hexamethyleneammonium hexamethylenedithiocarbamate、HMAHMDC)と従来のキレート剤の組合せで、抽出pH領域がより広域となる条件を検討する。また、実際に食品に適用する場合の前処理法(湿式分解法と乾式灰化法)とキレートを作るクロム(VI)への酸化条件等について検討する。
研究分担分析評価・分析研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030043261
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat