近赤外分光法による水の分子動態解析

近赤外分光法による水の分子動態解析

課題番号1994003837
研究機関名食品総合研究所(食総研)
研究期間新H06〜H08
年度1994
研究問題品質成分の解明及び評価
大課題食品の分析及び品質評価法の改良、開発
中課題物理計測法による品質評価法の改良、開発
小課題近赤外分光法による水の分子動態解析
摘要食品素材としての植物体における水分子の状態解析のため、生体関連物質との結合状態変化に伴う水分子の近赤外吸収スペクトル変化の解析手法を確立することを目的とする。水分子の結合状態を分析するためには、吸収帯の正確な形状を知る必要がある。しかし、近赤外領域における水分子の吸収帯は他の化学成分の吸収帯と互いに重なり合っているため、分離が困難である。そこで、波長分解精度の高い波長可変レーザを用いた吸収スペクトル測定装置の開発を行い、吸収帯分離の可能性を探るとともに、近赤外分光装置によって得られる吸収スペクトルとの対応関係を調べる。
研究分担分析評価・非破壊研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030043283
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat