糖質分解・合成酵素の糖認識機構解析、機能改変および高度利用

糖質分解・合成酵素の糖認識機構解析、機能改変および高度利用

課題番号1994003855
研究機関名食品総合研究所(食総研)
研究期間新H05〜H07
年度1994
研究問題素材の特性解明及び利用
大課題食料資源の理化学的性質の解明
中課題糖質の特性解明と高度利用
小課題糖質分解・合成酵素の糖認識機構解析、機能改変および高度利用
摘要分岐サイクロデキストリンを用いた澱粉分解酵素の作用解析について検討した。先ず、各種二分岐αーCDをCGTase(サイクロデキストリン合成酵素)に作用させその反応性から、これまでに提案してきたCGTaseの活性部位を一部改変した。すなわち、ADタイプはこれまでの実験では全く分解されないとしてきたが、大量酵素を作用させると極々微量に分解されることが判明し、触媒部位近傍の基質親和部位は固定したものではなく、少しはゆらぐ可能性があると推察された。次に、ABタイプから生成されたグルカンにグルコアミラーゼを作用させたところ、7と8グルコース残基からなると予想されるオリゴ糖が生成し、これらはグルコアミラーゼの作用を極めて受け難いことから、非還元末端側のグルコース二残基にグルコースの枝が付いている構造の糖質であると予想された。
研究分担理化学・炭水化物研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030043301
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat