ダイズ種子PEPCaseのクローニングと構造解析(73)

ダイズ種子PEPCaseのクローニングと構造解析(73)

課題番号1994003859
研究機関名食品総合研究所(食総研)
研究期間完H03〜H05
年度1994
研究問題素材の特性解明及び利用
大課題食料資源の理化学的性質の解明
中課題食品蛋白質の特性解明と高度利用
小課題ダイズ種子PEPCaseのクローニングと構造解析(73)
摘要大豆種子のホスホエノールピルベートカルボキシラーゼ(PEPC)活性が、蛋白質含量と正の、脂質含量と負の強い相関があることからPEPCがタンパク質含量を制御する重要な因子であると考えられた。そして登熟期ダイズ種子から調製したmRNAを逆転写して調製したcDNAをλgt11に挿入し、cDNAライブラリーを作成した。ウサギ抗PEPC抗体を用いて、二重抗体法により抗体スクリーニングした結果、5個のポジティブクローンを得た。そのうち、2個のcDNA(#1と#16)が約3kbで全長をコードしていると考えられたのでpUC118にサブクローニングし、塩基配列を決定した結果、アミノ酸残基数967個から成っており、互いに92.5%の相同性を示した。また2つのPEPCには、大腸菌から高等植物に至るまで保存されているアミノ酸が存在していた。生化学的な解析を進めていく上で必要な大腸菌におけるPEPCの発現が今後の課題として残された。
研究分担理化学・蛋白質研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030043305
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat