リパーゼによる脂肪酸誘導体の合成(78)

リパーゼによる脂肪酸誘導体の合成(78)

課題番号1994003862
研究機関名食品総合研究所(食総研)
研究期間継H04〜H06
年度1994
研究問題素材の特性解明及び利用
大課題食料資源の理化学的性質の解明
中課題食品脂質の特性解明と高度利用
小課題リパーゼによる脂肪酸誘導体の合成(78)
摘要4年度ホスホリパーゼを用いて合成に成功したビタミンEのリン脂質誘導体(ホスファチジルクロマノール:PCh)の抗酸化活性を検討した。PChはビタミンEと同程度のラジカル捕捉活性を示したが、リポソーム膜の酸化反応においてはその活性はビタミンEよりも明らかに劣った。一方、リポソーム膜懸濁液にビタミンCが共存すると両者はほぼ同じ活性を示した。したがって、ビタミンCによる再生系が働く場では、PChはビタミンEと同等の活性を発揮すると考えられた。
研究分担理化学・脂質研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030043308
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat