穀類種子の酵素および酵素阻害剤の探索と特性解明(100)

穀類種子の酵素および酵素阻害剤の探索と特性解明(100)

課題番号1994003880
研究機関名食品総合研究所(食総研)
研究期間継H05〜H07
年度1994
研究問題素材の特性解明及び利用
大課題食料資源の利用技術の改良、開発
中課題穀類素材の特性解明と利用・加工技術の改良、開発
小課題穀類種子の酵素および酵素阻害剤の探索と特性解明(100)
摘要穀類種子の酵素及び酵素阻害剤の探索及び特性解明を目的とする。5年度はハトムギ種子の抽出タンパク質を、硫安沈澱・熱処理・イオン交換・ゲルろ過によって部分精製した結果、パパインを特異的に阻害する新規のシステインプロテアーゼインヒビター(ハトムギ・シスタチン;CC)を得た。CCは、耐熱性(100℃、30分間処理後で活性を約50%保持)であり、pH5からpH11の範囲で酵素阻害活性が安定であった。SDS−電気泳動・膜転写した精製CCのN末端アミノ酸配列はAGDKSPであり、米シスタチンとは相同性を示さなかった。CCは、貯穀害虫であるコクヌストモドキ(Tribolium castaneum)幼虫の2種類のシステインプロテアーゼに対して阻害活性を示し、種子外来性昆虫や微生物に対する防御機構である可能性を示した。
研究分担素材利用・穀類特性研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030043326
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat