固定化植物培養細胞の特性解明(168)

固定化植物培養細胞の特性解明(168)

課題番号1994003949
研究機関名食品総合研究所(食総研)
研究期間継H05〜H07
年度1994
研究問題加工・流通技術の開発及び利用
大課題食品の加工・流通に係わる工学的技術開発
中課題食品素材の生物工学的生産システムの開発
小課題固定化植物培養細胞の特性解明(168)
摘要アントシアニン生産性ブルーベリー赤色培養細胞を用いてアルギン酸金属塩ゲル内への固定化特性を検討した。まず、継代培養と細胞選抜によって、固定化後も増殖能や色素生産能が低下しない細胞系統を分離・獲得した。この細胞系統を用いてCa、Sr、Mn、Ba、Al、Ni、Coについて検討したところ、細胞の色調についてはCa、Sr、Mnが優れており、ゲルビーズ強度の点では、Mnを除いて、いずれの金属も使用可能であった。また増殖はCaを用いた場合が最も良く、次いでSr、Mnの順であった。以上の結果から、ブルーベリー赤色細胞をアルギン酸ゲルで固定化する場合、Caを金属イオンとして用いるのが最適と判断した。
研究分担食品工学・生体反応研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030043395
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat