米穀の外観情報による新形質米形質の特性解明(175)

米穀の外観情報による新形質米形質の特性解明(175)

課題番号1994003958
研究機関名食品総合研究所(食総研)
研究期間継H04〜H06
年度1994
研究問題加工・流通技術の開発及び利用
大課題食品の加工・流通に係わる工学的技術開発
中課題品質保持のための物流技術の改良、開発
小課題米穀の外観情報による新形質米形質の特性解明(175)
摘要玄米を座りの位置におき、それを上方向から捉えた2次元輪郭形状を数量化することにより、50粒程度のサンプルがあれば銘柄を2群判別することが可能である。精白米においても同様である。本研究の目的はこの手法を応用することにより新形質米の特徴を明らかにする点にある。従来までの2次元輪郭形状測定手法は米粒の姿勢制御をせず、座りの位置において画像サンプリングを行っていた。この手法は、座りの位置が一定している銘柄の場合には簡便で優れているが、新形質米の供試品種のほとんどは座りの位置が一定せず、この手法では適当な画像サンプリングが困難であった。そこで5年度は画像処理によって米粒の姿勢制御を行う方法、すなわち100〜200粒程度の米粒をランダムに平面上に置き、画像サンプリングをした後、輪郭形状に内接する2円の中心を通る直線の方向を一定に、しかも胚を一定の方向になるように画像処理し、統計処理によってその品種を代表しないと考えられるものは消去し、残った米粒の輪郭形状を解析する方法を開発した。
研究分担食品工学・流通工学研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030043404
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat