細菌におけるアルギニン代謝遺伝子の調節機構の解明(185)

細菌におけるアルギニン代謝遺伝子の調節機構の解明(185)

課題番号1994003968
研究機関名食品総合研究所(食総研)
研究期間継H04〜H07
年度1994
研究問題生物変換機能の解明及び利用
大課題微生物・酵素等の利用技術の開発
中課題微生物利用技術の改良・開発
小課題細菌におけるアルギニン代謝遺伝子の調節機構の解明(185)
摘要5年度は、4年度に取得したアルギニンサクシニルトランスフェラーゼ(AST)経路の酵素遺伝子を含むコスミドクローンおよびpMO010644の詳細な制限酵素地図を作成し、本代謝経路の酵素遺伝子の位置を決定した。さらに、AST酵素の発現制御に関与する調節遺伝子argR9901をクローン化する目的でargR9901に近接して位置するcar9領域を含むコスミドクローンpMO010749を解析した。pYJ6およびpMO 010644由来の種々の欠失体の解析からAST経路の遺伝子は、argR9906/aruA−aruD/E−aruBの順に並んでいることが明らかとなった。また、これらのコスミドクローンの挿入領域には、欠失、逆位、挿入等のリアレンジメントは起きていないことをサザーン解析で確認した。
研究分担応微・発酵細菌研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030043414
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat