放線菌の二次代謝誘発機構の解明と潜在機能発現に関する基礎研究

放線菌の二次代謝誘発機構の解明と潜在機能発現に関する基礎研究

課題番号1994004003
研究機関名食品総合研究所(食総研)
研究期間新H05〜H08
年度1994
研究問題生物変換機能の解明及び利用
大課題食品の開発に係わる生物機能の利用
中課題生体高分子機能の解明
小課題放線菌の二次代謝誘発機構の解明と潜在機能発現に関する基礎研究
摘要放線菌の二次代謝誘発機構の解明を目的として、5年度は以下の4方向から研究を進めた。遺伝学の面では、relおよびabaのStreptomyces coelicolorのクロモゾーム遺伝子地図上へのマッピングを行い、それぞれbldG及びafsAの近傍にあることをつきとめた。特定蛋白のADP−リボシル化に関しては、S.griseus及びS.coelicolorのいずれの場合も44KDa蛋白のADP−リボシル化が分化誘発に関わることをつきとめた。分化誘発に関与するGTP結合蛋白に関しては、S.griseusを用いて集積培養によりGTP結合蛋白に変異を生じた可能性のある変異株を多数取得した。分化誘発に関わる未同定物質に関しては、現在、純度約80%のものを20mg程度得ている。
研究分担生物機能・変換機能研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030043449
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat