てんさいを原料とするアルコール発酵化技術の開発(218)

てんさいを原料とするアルコール発酵化技術の開発(218)

課題番号1994004009
研究機関名食品総合研究所(食総研)
研究期間完H03〜H05
年度1994
研究問題生物変換機能の解明及び利用
大課題食品の開発に係わる生物機能の利用
中課題生体高分子機能の改良、改変
小課題てんさいを原料とするアルコール発酵化技術の開発(218)
摘要てんさい(sugar beet)は、さとうきび(sugar cane)とならんでショ糖製造の主原料となっている。我が国では年間380万トンにおよぶてんさいが栽培され、ショ糖の製造に共されており、搾汁残渣はビート・パルプとして飼料用に向けられている。エタノール生産の原料としててんさいを有効に利用するためには、ビート・パルプを酵母資化性の単糖の形に糖化することが重要である。酵素糖化にはセルラーゼ、ペクチナーゼなどの共同作用が有効であった。酵素糖化、効率の向上策として有用な固定化酵素による工程確立の第一段階としてペクチナーゼを水溶性および水不溶性担体に固定化するために、反応pH、温度、担体濃度などの諸条件を検討した。
研究分担生物機能・分子機能研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030043455
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat