トウモロコシの生産力変動予測技術の開発(24)

トウモロコシの生産力変動予測技術の開発(24)

課題番号1994001019
研究機関名草地試験場(草地試)
研究期間完H02〜H05
年度1994
研究問題草地生態系の解明と制御法の開発
大課題草地生態系における環境保全機能の評価及び地球環境問題の解明
中課題草地農業における地球環境問題の解明と評価
小課題トウモロコシの生産力変動予測技術の開発(24)
摘要地球環境の変化のうち気温と日射量の変動が、とうもろこしの生産量に及ぼす影響を評価するモデルを開発した。このモデルは、発芽以降の毎日の気温と日射量を与えることにより、単位土地面積当りの葉部量、茎部量、雌穂量、地下部量を日単位で算出する。北海道、長野、宮崎で得た2品種のとうもろこし(P3715、タカネワセ)の実測値とモデルによる計算値とを対比した結果、実測値と計算値との相関係数は両品種とも約0.90となり、このモデルは生育期間中の各部位の重量をよく再現した。ただし、モデルの諸係数は上記の2品種で求めた値であるから、生育特性や施肥条件が大きく異なる場合には、変更が必要である。
研究分担生態草地計画・生態シス研草地機能研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030043501
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat