寒地型牧草の混播によるバーミューダグラス草地の雑草防除法の確立

寒地型牧草の混播によるバーミューダグラス草地の雑草防除法の確立

課題番号1994001039
研究機関名草地試験場(草地試)
研究期間新H06〜H07
年度1994
研究問題立地条件に適した草地の開発・管理技術の確立
大課題草地の生産機能の維持・管理技術の確立
中課題草地の生産機能の解明と草資源の評価
小課題寒地型牧草の混播によるバーミューダグラス草地の雑草防除法の確立
摘要バーミューダグラスの耐寒性品種の育成は、この草種の栽培可能地帯を拡大した。現在、関東地方においてもその栽培が可能であり、特に放牧草地へのバーミューダグラスの導入は、寒地型牧草の夏期の生産力低下を補う有効な手段であることが明らかにされている。しかしながら、バーミューダグラスの単一草地では、利用期間が短いことや、雑草が侵入しやすいなどの問題があることも明らかになっている。本課題では、これらの問題を克服するために、バーミューダグラス草地に寒地型牧草を追播し、バーミューダグラス草地の利用期間を延長しつつ、裸地の発生を抑え、雑草の侵入を抑制する技術を開発する。
研究分担草地計画・草地機能研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030043521
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat