高泌乳繁殖牛放牧草地の維持管理技術の確立(52)

高泌乳繁殖牛放牧草地の維持管理技術の確立(52)

課題番号1994001042
研究機関名草地試験場(草地試)
研究期間継H03〜H06
年度1994
研究問題立地条件に適した草地の開発・管理技術の確立
大課題草地の生産機能の維持・管理技術の確立
中課題草生の維持・更新技術の確立
小課題高泌乳繁殖牛放牧草地の維持管理技術の確立(52)
摘要黒毛和種とホルスタイン種との交雑種の子付き繁殖雌牛をトールフェスク・オーチャードグラス優占草地(TO草地)1.2haとペレニアルライグラス優占草地(PR草地)1.2haに各4頭放牧した。乾物現存量はPR草地の方がTO草地より多く推移したが、両草地とも8月以降は100■/10a以下となった。1日1頭当たりの採食量もPR草地の方が多かったが、両草地とも8月以降は必要量を下回った。TO草地では、秋にはオーチャードグラス+トールフェスクの割合が15%前後まで低下した。PR草地のペレニアルライグラスは45%程度を維持した。乾物生産量は、平成4年に比べTO草地で47%、PR草地で53%と極めて少なかった。面積当たりの被食量は、平成4年の60〜70%であったが、PR草地がTO草地より多かった。以上の結果、PR草地でも1.2haに4頭の放牧では過放牧であると考えられた。
研究分担放牧利用・草地管理研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030043524
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat