草地における強害帰化雑草の生存戦略の解明と制御技術の確立(56)

草地における強害帰化雑草の生存戦略の解明と制御技術の確立(56)

課題番号1994001046
研究機関名草地試験場(草地試)
研究期間継H05〜H08
年度1994
研究問題立地条件に適した草地の開発・管理技術の確立
大課題草地の生産機能の維持・管理技術の確立
中課題草生の維持・更新技術の確立
小課題草地における強害帰化雑草の生存戦略の解明と制御技術の確立(56)
摘要ワルナスビ種子の発芽に及ぼす温度の影響について調査した。シャーレで実験した結果、20/30℃の変温条件及びジベレリンを加えた後30℃以上40℃以下の高温条件で培養した場合には、80%以上の発芽率が得られた。ジベレリンを加えても20℃恒温条件では2割強しか発芽せず、15℃恒温条件ではほとんど発芽しなかった。データを解析した結果、ワルナスビ種子は15℃以下では発芽が難しいことが確かめられた。ワルナスビの根を10cmに切断して圃場に定植した結果、96%が萌芽し、そのうち76%が同一年に果実を形成した。アメリカオニアザミの種子を土を積めたコンテナに埋設し、9〜10月に戸外において出芽状況を調査した結果、出芽率は最大でも5割程度であったが、埋設した種子のほとんどのものは12月末の調査時には生存していた。
研究分担放牧利用・草地管理研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030043528
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat