機械作業が傾斜草地に与える物理的影響(64)

機械作業が傾斜草地に与える物理的影響(64)

課題番号1994001057
研究機関名草地試験場(草地試)
研究期間継H03〜H06
年度1994
研究問題立地条件に適した草地の開発・管理技術の確立
大課題山地傾斜地における草地の改良・管理技術の確立
中課題傾斜草地の管理作業技術の確立
小課題機械作業が傾斜草地に与える物理的影響(64)
摘要ライムギ刈り取りあとを4年新規更新した採草地において、5年の収穫作業がすべて終わった後に、貫入抵抗を測定し、4年からの貫入抵抗変化を調べた。その結果、最大貫入抵抗は、昨年は測定点のほぼ50%が2.0〜2.5MPaにあったが、5年は測定点のほぼ70%が3.0〜4.0MPaにあり、貫入抵抗が増大した。また、最大貫入抵抗を示した位置は、4年、5年とも表層0〜4.5cmのところにあり、その割合は、4年の18%から5年は66%と大幅に増加した。このことは、造成初年目の機械作業により、草地表層土壌が著しくち密化されることを示していた。今後、さらに継続調査を実施する。
研究分担山地・作業技術研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030043539
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat