草類遺伝資源の2・3次特性評価

草類遺伝資源の2・3次特性評価

課題番号1994001068
研究機関名草地試験場(草地試)
他機関北農試
研究期間新H05〜H12
年度1994
研究問題飼料作物等品種の育成
大課題飼料作物・芝草等の遺伝資源の導入,評価及び保存
中課題遺伝資源の収集,導入及び評価
小課題草類遺伝資源の2・3次特性評価
摘要農林水産省ジーンバンク事業第2期(平成5〜12)では2・3次特性の評価を重点的に進めることになっている。飼料作物部門についても、全期間の実施計画が作成されている。育種素材研ではペレニアルライグラス、のしば及びれんげ等について年間2次項目調査数(系統数×項目数)で1000、3次項目調査数で160の調査を実施する計画である。5年度は、のしばについて2次項目調査数で200の調査を実施した。
研究分担育種・育種素材研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030043550
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat