分子マーカーを利用した牧草品種・系統の遺伝的多様性の解明(76)

分子マーカーを利用した牧草品種・系統の遺伝的多様性の解明(76)

課題番号1994001074
研究機関名草地試験場(草地試)
他機関北農試
研究期間延H03〜H07
年度1994
研究問題飼料作物等品種の育成
大課題牧草の育種集団における遺伝的基盤の解明
中課題他殖性集団の分化と遺伝的構造の解明
小課題分子マーカーを利用した牧草品種・系統の遺伝的多様性の解明(76)
摘要Zoysia属のアイソザイム分析では、アルコールデヒドロゲナーゼ(ADH)、マレートデヒドロゲナーゼ(MDH)、アミラーゼ(Amy)、スーパーオキシドディスムターゼ(SOD)、グルタミン酸オキザロ酢酸トランスアミナーゼ(GOT)、グルコースホスフェートイソメラーゼ(PGI)等で鮮明な多型バンドを観察できることが明らかとなった。しかし、アルファルファにおいてはアイソザイムでは多型バンドの分離ができなかった。そこで研究期間を2年間延長し、5年度にアルファルファの自殖後代間で多型バンドの分離ができたPCR法を用いてアルファルファ系統の遺伝的多様性の解明を試みる。
研究分担育種・育種素材研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030043556
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat