トールフェスク・イタリアンライグラス雑種作出のための両親系統の組織培養利用技術(82)

トールフェスク・イタリアンライグラス雑種作出のための両親系統の組織培養利用技術(82)

課題番号1994001079
研究機関名草地試験場(草地試)
他機関北農試
研究期間延H01〜H06
年度1994
研究問題飼料作物等品種の育成
大課題育種法の確立と新育種素材の開発
中課題バイオテクノロジー利用による育種法の開発
小課題トールフェスク・イタリアンライグラス雑種作出のための両親系統の組織培養利用技術(82)
摘要雄性不稔イタリアンライグラスとトールフェスクの交配から得られた雑種を直接利用する育種技術を確立することを目的として、これらの雑種系統の利用2年目の収量と品質の評価を行った。雑種系統の年間収量は、トールフェスク、アオナミ(オーチャードグラス)およびフタハル(イタリアンライグラス)よりも高かった。また交配の組合せにより収量が異なり、合せ能力の高いものを選抜することにより収量の増加を図ることが可能であると考えられた。また品質と関係のある乾物分解率では、雑種系統はトールフェスクより高い分解率を示し、単少糖含量はトールフェスクと同程度であった。利用3年目の調査を引続き行うことが必要である。
研究分担育種・育種工学研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030043561
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat