キチナーゼを利用した高度耐病性イネ科牧草の作出

キチナーゼを利用した高度耐病性イネ科牧草の作出

課題番号1994001086
研究機関名草地試験場(草地試)
研究期間新H06〜H08
年度1994
研究問題飼料作物等品種の育成
大課題育種法の確立と新育種素材の開発
中課題バイオテクノロジー利用による育種法の開発
小課題キチナーゼを利用した高度耐病性イネ科牧草の作出
摘要牧草類ではコスト及び安全性の面から農薬の使用が大きく制限され、耐病性の付与は極めて重要である。しかしながら、従来の交配育種法での耐病性向上には多大な労力と時間を要しており、分子・細胞育種による飛躍的かつ効率的な耐病性付与が望まれる。近年キチナーゼ等耐病性関連遺伝子が各種植物から単離されており、それを用いた形質転換による耐病性向上の成功例も相次いで報告されている。そこで、耐病性関連遺伝子をイネ科牧草に導入し、高度耐病性育種素材を作出するのが本研究の目的である。具体的には、プロトプラストへの直接遺伝子導入法が確立されているトールフェスクを材料とし、キチナーゼ遺伝子を導入して葉腐れ病に抵抗性の個体を作出する。また、オーチャードグラスにキチナーゼ遺伝子を導入し、うどんこ病抵抗性の個体を作出する。
研究分担育種・育種1研育種化学研育種工学研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030043568
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat