水分ストレス耐性の生育ステージ別品種スペクトラムの生理学的解明(108)

水分ストレス耐性の生育ステージ別品種スペクトラムの生理学的解明(108)

課題番号1994001105
研究機関名草地試験場(草地試)
研究期間完H03〜H05
年度1994
研究問題高品質飼料の高位生産技術及び環境管理技術の確立
大課題飼料作物の環境適応性の解明と高位生産技術の確立
中課題飼料作物の環境適応性及び物質生産機構の解明
小課題水分ストレス耐性の生育ステージ別品種スペクトラムの生理学的解明(108)
摘要転換畑に導入される可能性のある飼料作物について、その耐湿性の差異の生理学的要因を解析し、草種・品種間の位置づけを明らかにした。主要草種のほぼ全市販品種を対象に、種子の浸漬抵抗力、発芽時の酸素要求量、過湿条件下での発芽力、幼植物の湛水抵抗力などを検定した。市販飼料作物の幼植物期における湛水耐性には草種間差が認められ、供試16草種中8草種(パールミレット、トウモロコシ、ソルガム、テオシント、グリーンパニック、ギニアグラス、エンバク、ライコムギ)が耐性弱に、3草種(スーダングラス、ローズグラス、シコクビエ)が中に、5草種(イタリアンライグラス、オオクサキビ、カラードギニアグラス、ハトムギ、栽培ヒエ)が強にランク付けされたが、品種間には差が認められなかった。
研究分担生産利用・栽培生理研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030043587
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat