強害帰化植物の侵入・定着・拡散機構の解明と動向予測(111)

強害帰化植物の侵入・定着・拡散機構の解明と動向予測(111)

課題番号1994001110
研究機関名草地試験場(草地試)
研究期間継H05〜H08
年度1994
研究問題高品質飼料の高位生産技術及び環境管理技術の確立
大課題飼料作物の環境適応性の解明と高位生産技術の確立
中課題高品質粗飼料の低コスト安定多収栽培法の確立
小課題強害帰化植物の侵入・定着・拡散機構の解明と動向予測(111)
摘要伝播経路として疑われている輸入穀物においては、いずれの原料、原産地を問わず、わずかな量の調査サンプルにかなりの雑草種子が見いだされ、これらの混入種子は発芽することが確認された。既知の帰化植物種子の形状との比較で同定できるものは少なく、未知の雑草がかなり混入しているものと推定された。輸入牧草種子への混入雑草種子は、輸入飼料に比較すれば混入率は低いが、危険性がないとは言えない状況である。乳牛の第一胃内の滞留は、雑草の発芽に種々の影響を与えることが判明した。一方、チェックリストの作成のため、雑草名のリストアップとデータベース化を行うとともに、個体及び種子を中心に主要外来雑草の識別写真を収集し、畜産技術協会の出版協力を得て、「写真でみる外来雑草」を作製した。
研究分担生産利用・栽培生理研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030043592
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat