草地土壌の理化学的性質に及ぼすケイ酸質資材の影響解明(115)

草地土壌の理化学的性質に及ぼすケイ酸質資材の影響解明(115)

課題番号1994001116
研究機関名草地試験場(草地試)
研究期間完H03〜H05
年度1994
研究問題高品質飼料の高位生産技術及び環境管理技術の確立
大課題土壌生産力の維持・増進と合理的施肥管理技術の確立
中課題草地土壌の特性解明と土壌管理方式の確立
小課題草地土壌の理化学的性質に及ぼすケイ酸質資材の影響解明(115)
摘要ケイ酸質資材(ケイカル)のオーチャードグラス(OG)に対する増収効果は5〜6%であり、対照に用いた炭カルと大差がなかった。褐色低地土のケイカル施用では、黒ボク土に比べてpHが低下しやすく、またOGのリン酸吸収量も低下するが、ケイ酸の吸収量は多いことが示された。一方、黒ボク土ではケイカルの施用量が増加してもOGのリン酸吸収はほとんど低下せず、土壌中の可溶性ケイ酸含量及びOGのケイ酸吸収量が増加した。しかし、土壌中の可溶性ケイ酸量とOGのケイ酸吸収量には比例関係は認められなかった。土壌によるケイ酸吸収量はリン酸量よりも多く、黒ボク土のケイ酸吸着力は褐色低地土に比べて強いことが判明した。
研究分担環境・土肥1研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030043598
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat