ロールベールサイレージ用シュレッダの開発(146)

ロールベールサイレージ用シュレッダの開発(146)

課題番号1994001147
研究機関名草地試験場(草地試)
他機関生研機構・畜産工学研究部【市戸万丈;八谷満】
研究期間完H03〜H05
年度1994
研究問題飼料の調製・貯蔵・評価技術及び家畜の生産性向上技術の確立
大課題粗飼料調製・貯蔵・給与作業の効率化及び流通化技術の開発
中課題調製・貯蔵・給与作業技術の効率化
小課題ロールベールサイレージ用シュレッダの開発(146)
摘要低消費動力・細断型シュレッダを開発することを目標に、ロールベール表面の円周方向を24枚の円盤刃で、母線方向をレシプロ刃で切断する直交2方向切断機構のシュレッダを試作した。試作2号機では、コンバイン用両刃駆動型レシプロ刃の装備とベール転動力アップのための改造を行った結果、転動時のスリップがなく、細断性(平均切断長5〜7cm)と低消費動力(平均消費動力1.5〜3.2kW)の目標は達成できたが、解体処理能力が乾物換算で45〜260kg/hとやや低く、またベール直径50cm程度の処理残が生じた。残された問題は、引き続き新規課題の中で解決を図る。
研究分担生産利用・調製工学研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030043629
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat