牧草類の自由採食量推定法の開発と育種への適用

牧草類の自由採食量推定法の開発と育種への適用

課題番号1994001155
研究機関名草地試験場(草地試)
研究期間新H06〜H10
年度1994
研究問題飼料の調製・貯蔵・評価技術及び家畜の生産性向上技術の確立
大課題粗飼料の品質評価技術及び効率的利用による飼養技術の確立
中課題粗飼料の諸特性の解明及び品質評価法の確立
小課題牧草類の自由採食量推定法の開発と育種への適用
摘要牧草類の品質評価においては、自由採食量を考慮に入れる必要があるが、今まで品質評価技術として確立されていない。自由採食量は牧草間で歴然と差があることから、牧草育種の立場からも採食量を高める努力が続けられている。そこで牧草類の採食量に多大な影響を及ぼしていると予想されるそれらの反芻胃内での分解特性を解明し、通常行われている飼料分析法に組み入れられるような自由採食量推定法の開発を行い、さらに新品種の評価におけるその適用をはかる。
研究分担生産利用・粗飼料研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030043637
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat