放牧を利用した交雑種(黒毛和種×ホルスタイン種)牛の肥育技術の開発(155)

放牧を利用した交雑種(黒毛和種×ホルスタイン種)牛の肥育技術の開発(155)

課題番号1994001164
研究機関名草地試験場(草地試)
他機関中国農試
研究期間完H01〜H05
年度1994
研究問題放牧を主体とする家畜の生産性向上技術の確立
大課題放牧家畜の生体機構と機能の解明
中課題放牧家畜の発育特性及び放牧効果の解明
小課題放牧を利用した交雑種(黒毛和種×ホルスタイン種)牛の肥育技術の開発(155)
摘要牛肉の輸入自由化により肥育頭数の増加が見られるF1について、その低コスト肥育のための放牧を利用した去勢牛の肥育と雌1産取り肥育を検討した。去勢牛は野草・牧草混合草地で7か月齢から14か月齢まで育成し肥育した。肥育16か月以後日増体重と飼料の利用性は下がり、枝肉構成は12か月以後一定になった。筋肉内脂肪含量も枝肉等級も12か月齢以後一定になった。肉色、保水力、肉硬度は4か月以後変わらなかった。以上より野草・牧草混合草地で育成しても12〜16か月の肥育で仕上がると考えられる。
研究分担放牧利用・産肉技術研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030043646
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat