各種農業生態系における土壌動物相の比較(44)

各種農業生態系における土壌動物相の比較(44)

課題番号1994000591
研究機関名農業環境技術研究所(農環研)
他機関九州農試
研究期間完H02〜H05
年度1994
研究問題農業環境資源の賦存量の把握及び特性の解明と機能の評価
大課題環境生物資源の特性の解明と機能の評価
中課題環境生物の特性の解明と機能の評価
小課題各種農業生態系における土壌動物相の比較(44)
摘要つくば市及びその近隣の15か所において土壌動物の多様性と密度の調査を行った。その結果、いずれの調査地においても、検出された土壌動物の中で最も密度が高かったのは線虫綱で、ついで輪虫綱、蛛形綱(主に土壌ダニ類)、昆虫綱となった。検出された土壌動物の多様性を見ると、畑地、果樹園等土壌の撹乱や化学物質の散布等人為的な影響が大きい場所ほど多様性は低く、照葉樹林、アカマツ林等人為的な影響が比較的少ない場所では多様性が高い傾向が認められた。また、土壌動物の内、ムカデ綱等体の大きなもの、マキガイ綱等移動能力の低いもの、Mononchida目線虫等捕食性のものが人為的な撹乱を強く受けるに従って検出頻度が低くなる傾向にあり、一方、特定の種の密度のみが特に高くなる傾向にあった。
研究分担環境生物・線・動物研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030043715
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat