植物病原菌個体群の変動に及ぼす影響の解明

植物病原菌個体群の変動に及ぼす影響の解明

課題番号1994000604
研究機関名農業環境技術研究所(農環研)
他機関鹿児島県茶試【西八束】
研究期間新H05〜H08
年度1994
研究問題農業環境資源の賦存量の把握及び特性の解明と機能の評価
大課題環境生物資源の特性の解明と機能の評価
中課題環境生物の特性の解明と機能の評価
小課題植物病原菌個体群の変動に及ぼす影響の解明
摘要地球温暖化に伴う気温の変化がどの程度の影響を植物病原微生物に与えるかについては、未解明な部分が多く、また、被害予測の基礎的なデータにも乏しい。そこで、植物病原微生物の個体群に及ぼす温度の影響について明らかにする。5年度には、表在性のPseudomonas属細菌について、バイオフォトレコーダーを用いて、培養温度5〜40度の範囲で測定し、比較可能な最適培養液を検討した。そして、生育、色素産性、病原性等の変化を調べた。その結果、単子葉植物に親和性のあるPseudomonas gladioliは、30度以上の条件下でイネに病原性を示し、35度前後で黄緑色色素(毒素)を多量に生産した。供試した表在性のPseudomonas属細菌では、生育適温と発病条件との間に密接な関係があることが確認された。
研究分担環境生物・寄生菌研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030043728
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat