イネ縞葉枯ウイルス変異株出現と宿主の相互作用(58)

イネ縞葉枯ウイルス変異株出現と宿主の相互作用(58)

課題番号1994000607
研究機関名農業環境技術研究所(農環研)
研究期間継H01〜H10
年度1994
研究問題農業環境資源の賦存量の把握及び特性の解明と機能の評価
大課題環境生物資源の特性の解明と機能の評価
中課題環境生物の変異と適応機構の解明と評価
小課題イネ縞葉枯ウイルス変異株出現と宿主の相互作用(58)
摘要イネ縞葉枯ウイルスと宿主との相互作用を分子レベルで解明し、微生物制御の技術開発に資する。本プロジェクト第2期では、ウイルスがコードする蛋白の感染発病に対する影響やウイルスRNAの複製に対する宿主因子の作用に焦点をあて研究を推進する。RNA2がコードする94K蛋白は宿主の受容体と作用するフレボウイルスの膜蛋白と類似性がある。この蛋白の機能を検討するため、アミノ酸の疎水性をフレボウイルスの膜蛋白と比較したところ、膜蛋白に特徴的な3つの疎水領域が94K蛋白にも認められた。この領域の2カ所の合成ペプチドを作製し、ウサギに免疫し、抗血清の作製を試みた結果、高力価の抗血清を得た。本抗血清を使い、94K蛋白の感染組織での所在やその生理作用を検討する。
研究分担環境生物・土微分類研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030043731
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat