酸アミド系除草剤の立体異性体の生物作用(67)

酸アミド系除草剤の立体異性体の生物作用(67)

課題番号1994000613
研究機関名農業環境技術研究所(農環研)
研究期間継H04〜H08
年度1994
研究問題農業環境資源の賦存量の把握及び特性の解明と機能の評価
大課題農用資材等の特性の解明と機能の評価
中課題農薬等の特性の解明と機能の評価
小課題酸アミド系除草剤の立体異性体の生物作用(67)
摘要4種類の立体異性体が存在するメトラクロールをHPLCにより光学分割し、分取カラムでの繰り返し注入により各異性体を分取した。それらについて、旋光分散計(キセノンランプ、365nm)によりメタノールを溶媒として旋光度を測定し、その結果と文献値から、4種異性体の立体構造がRR、RS、SR、SSであることを決定した。また、製剤に含有する各異性体の混合比としてRR:RS:SR:SS=34:30:19:17が得られた。土壌中での光学活性メトラクロールの残留分析法として、アセトン抽出、液−液分配、カラムクロマトによる精製後、2種類の光学異性体分離用カラムを装着したHPLCで各異性体を定性・定量する方法を確立した。
研究分担資材動態・除草動態研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030043737
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat