微生物による農薬分解機構および分解遺伝子の解析(128)

微生物による農薬分解機構および分解遺伝子の解析(128)

課題番号1994000669
研究機関名農業環境技術研究所(農環研)
研究期間継H03〜H07
年度1994
研究問題農業生態系の構成要素の動態・相互作用の解明と制御技術の開発
大課題農用資材等の動態解明・制御技術及び安全性評価・管理技術の開発
中課題農薬・肥料等の環境中の動態解明と制御技術の開発
小課題微生物による農薬分解機構および分解遺伝子の解析(128)
摘要Pentachlorophenol(PCP)分解菌(I8817株)のPCP分解経路および分解に関与する遺伝子を解析するために、トランスポゾン(Tn5;マーカー遺伝子としてカナマイシン耐性遺伝子をもつ)の導入によるPCP代謝変異体の作出を試みた。PCP分解菌へのTn5の導入は、Tn5を含むプラスミドpSUP1021をもつ大腸菌との接合により行った。Tn5の導入によりカナマイシン耐性を獲得した約1000株について液体培養し、そのPCP分解パターンの変化を紫外可視分光光度計により1株ずつ調べたところ、野生型とは異なり、291nmおよび336nmに極大吸収波長もつ物質を培地中に蓄積する変異株を数株得た。これら蓄積物質は、有機溶媒による液−液分配では抽出されず、高い水溶性を有するものと考えられた。
研究分担環境生物資材動態・除草動態研土微利用研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030043793
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat