農薬の水中分解に及ぼす環境影響要因の解析(137)

農薬の水中分解に及ぼす環境影響要因の解析(137)

課題番号1994000681
研究機関名農業環境技術研究所(農環研)
研究期間継H04〜H06
年度1994
研究問題農業生態系の構成要素の動態・相互作用の解明と制御技術の開発
大課題農用資材等の動態解明・制御技術及び安全性評価・管理技術の開発
中課題農用資材等の安全性評価技術の開発
小課題農薬の水中分解に及ぼす環境影響要因の解析(137)
摘要除草剤ベンスルフロンメチル(BSM)は弱酸性化合物であり、水溶解度はpHにより大きく変化する。この特性は本化合物の環境中の挙動に大きく影響することが予測されるため、田面水中におけるBSMの動態を検討した。試験水田に慣行施用したBSMの田面水中の初濃度は0.1ppmで、半減期は3日であった。田面水のpHは水温によって6.4〜8.9に変化した。試験水田土壌のBSM吸着はpHに依存し、pH7以上での吸着は極めて小さかった。これらの結果から、水田に散布したBSMは土壌にほとんど吸着されず、大部分が田面水に溶解した状態で存在していると推定された。
研究分担資材動態・農薬管理研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030043805
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat